July 28, 2017 / 7:21 AM / a year ago

ブログ:トランスジェンダーのムエタイ選手が得た「勝利」

[バンコク 25日 ロイター] - 真っ赤な口紅を引き、ピンクのタンクトップと短パン姿のノン・ローズ・バーン・チャロンスクさんは、タイの国技ムエタイの選手である。トランスジェンダーの彼女は、手ごわい対戦相手だ。

 7月25日、真っ赤な口紅を引き、ピンクのタンクトップと短パン姿のノン・ローズ・バーン・チャロンスクさん(写真)は、タイの国技ムエタイの選手である。トランスジェンダーの彼女は、手ごわい対戦相手だ。バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/Athit Perawongmetha)

ローズの名で知られる彼女と、今月対戦して敗れた男性ファイターのカルン・「プリューパク」・ケンラム選手に話を聞いてみればいい。

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

「彼女の鍛え抜かれた強さに太刀打ちできなかった」とプリューパク選手。

「彼女は男のように戦う。本当は男だからね」と付け加えた。プリューパク選手は首都バンコクにあるラジャダムナン・スタジアムで行われた試合で、右目の上に深い傷を負った。

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

先月、ムエタイ最高峰の舞台の1つである同スタジアムで戦った初のトランスジェンダーボクサーとなったローズさんにとって、これで2連勝だ。

観衆は明らかに彼女の味方で、試合中ずっと熱狂的な声援を送っていた。

「トランスジェンダーであることは、必ずしも弱いことを意味するわけではない」と、ローズさんは試合後に語った。「私たちは何でも成し遂げることができる」

ナコーンラーチャシーマーで18日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ナコーンラーチャシーマーで18日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

現在21歳のローズさんは、ムエタイ選手のおじに勧められ、8歳でこの競技を始めた。双子の兄弟も同じくムエタイ選手だ。

ナコーンラーチャシーマーで18日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ナコーンラーチャシーマーで18日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ソムロス・ポルチャロエンと名付けられて育ったローズさんは、幼いころから自分は女性だと認識し、リングに上がるときは化粧をして、スポーツブラを着けるようになった。

試合の大半は地方の町で行われるが、男性の対戦相手の中には彼女の容姿に動揺する人もいる。

チャチューンサオで12日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

チャチューンサオで12日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

「勝っても負けても恥ずかしいから、同性愛者と戦いたくなかったと言う人もいる」とローズさんは語る。

「いまだにそのような侮辱を受けるが、私は気にしない」

ボーイフレンドと一緒のローズさん。チャチューンサオで12日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ボーイフレンドと一緒のローズさん。チャチューンサオで12日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

タイは、同性愛者やトランスジェンダーの楽園として広く見られているが、彼らの多くは二流市民のように扱われていると話す。

トランスジェンダーの女性は、テレビや美人コンテスト、美容院や化粧品売り場のカウンターで目立つ存在だが、ジェンダー差別を禁止する法律が2015年に施行されたにもかかわらず、身分証明書の性別は変更することができない。

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ローズさんはこれまでに300試合を経験し、150勝のうち30KOを記録してようやく、ラジャダムナン・スタジアムで戦うことを許されたという。

ブリラムで3日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ブリラムで3日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ローズさんがトレーニングする北東部ブリラム県にあるジムのオーナー、プティポン・プルクラムさん(56)は、雑用やトレーニングでの彼女の勤勉さを挙げ、「素晴らしいロールモデル」だと称賛した。ローズさんは誰よりも走り込みをしているという。

ブリラムで3日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ブリラムで3日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

「皆が彼女を尊敬し、あこがれている」とプティポンさんは話す。

ローズさんより前にも、トランスジェンダーボクサーは存在した。2004年に映画化もされたパリンヤ―・ジャルーンポン選手だ。現在は学校を経営しており、ローズさんもいつか自分も同じことができたらと願っている。

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ローズさんはまた、ムエタイ大使として世界中を回りたいと考えている。そして、地方にいるトランスジェンダーの選手たちに、初期の挫折にくじけないよう訴えている。

「最初は落ち込むし、克服しなくてはいけない。でもその後は、ゴールはそう遠くないはず」

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

バンコクで13日撮影(2017年 ロイター/ATHIT PERAWONGMETHA)

ローズことソムロス・ポルチャロエンさんは、トランスジェンダーのムエタイ選手だ。これまで150勝を挙げた彼女は、タイで名誉あるラジャダムナン・スタジアムのリングに上がる初のトランスジェンダー・ボクサーとなった。はたして試合の行方は。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below