August 21, 2015 / 5:57 AM / 4 years ago

バンコクの爆発現場で追悼式典、捜査に進展見られず

[バンコク 21日 ロイター] - タイの首都バンコクの繁華街で17日夜に発生した爆発事件の犠牲者を追悼する式典が21日、事件現場付近で行われ、プラウィット副首相兼国防相やソムヨット国家警察庁長官ら数百人が出席した。

一方、事件の捜査は進展が見られず、犯人や動機の特定には程遠いとみられている。

ソムヨット長官は20日、爆発の実行犯は少なくとも10人のメンバーを擁する組織の一員で、犯行は1カ月にわたって計画されたとの見方を示したが、21日にこの見解を事実上撤回。式典の終了後、記者団に対し「国際テログループが関与したという情報はない」としたほか、犯人は2人だけの可能性もあると述べた。

警察当局は、現場付近の監視カメラに映っていた若い男の容疑者は外国人か、外国人のふりをしたタイ人の可能性があると見ている。

事件では、14人の外国人を含む20人が死亡。このうち、本土と香港からの中国人観光客が7人を占めた。

タイ政府は、中国人観光客が標的だったとは考えにくいとし、捜査状況を中国語と英語でも放送した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below