September 12, 2019 / 7:37 AM / 2 months ago

「ウルトラマンブッダ」タイで物議、強硬派仏教徒は作者の訴追要求

タイでブッダを「ウルトラマン」として描いた作品(写真)を巡り、強硬派の仏教徒集団が作者らに対する苦情を警察に申し立てた(2019年 ロイター/Pakorn Porncheewangkul)

[バンコク 11日 ロイター] - 国民の90%以上が仏教徒のタイで、ブッダをスーパーヒーローの「ウルトラマン」として描いた若い女性アーティストの作品が物議を醸している。強硬派の仏教徒集団は11日、女性らに対する苦情を警察に申し立てた。

問題となっているのは、タイ北東部の商業施設で先週展示された4点の絵画で、先週中に撤去された。作者は大学4年生の女性で、安全上の理由から名前は公表されていない。女性はナコーンラーチャシーマー県の知事の前で、同県の高僧に謝罪した。

しかし強硬派の仏教集団「ブディスト・パワー・オブ・ザ・ランド」は11日、ブッダをアクションフィギュアと比較するのは冒瀆(ぼうとく)行為に当たるとし、作者と展示に関わった他の4人に対して警察に苦情を申し立てたと発表。宗教を侮辱した疑いでの訴追のほか、絵画の破壊も求めている。

一方、タイの仏教当局は作者に対する刑事訴追に反対。タイ国家仏教事務局の局長はロイターに対し、作者の謝罪によって問題は終わったとの見解を示した。「法的措置を取る人がいても、われわれは関与しない」と述べた。

この論争を受けて絵画への注目も高まっている。絵画は先週すべて販売されたが、購入者の男性1人は作品を慈善目的でオークションに掛け、60万バーツ(約210万円)で落札された。4500バーツを支払って作品を入手したというこの男性は、収益のうち10万バーツを作者に渡し、残りは地元の病院の集中治療室に寄付すると述べた。作品については冒瀆とは感じなかったと語った。

*一部サイトで正しく表示されなかったため、再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below