July 12, 2019 / 7:34 AM / 9 days ago

タイ中銀、バーツ高に伴う資金流入への対策を実施

[バンコク 12日 ロイター] - タイ中央銀行は12日、バーツ高を背景にした短期的な投機資金の流入の影響を和らげる措置を講じたと発表し、投機的な取引が続く場合は追加の措置を講じる用意があるとした。

 7月12日、タイ中央銀行は、バーツ高を背景にした短期的な投機資金の流入の影響を和らげる措置を講じたと発表し、投機的な取引が続く場合は追加の措置を講じる用意があるとした。写真はバンコクで昨年7月撮影(2019年 ロイター/Athit Perawongmetha)

これを受け、バーツとタイ株式市場は下落している。

中銀高官は声明で、「中銀はタイバーツTHB=THと非居住者の資金フローの動向を注視している」とした上で、「マクロ経済に好ましくない影響を与えかねないため、バーツが他のアジア通貨と比べて急速に上昇する状況を懸念している」と表明した。

同高官は「タイバーツの見通しは相対的に明るく、投資家が短期の投機目的などで、タイバーツとタイの証券のポジションを増やしている」と述べた。

中銀は7月22日付で、非居住者のバーツ口座(NRBA)と非居住者バーツ証券口座(NRBS)の残高上限を非居住者1人あたり2億バーツ(647万ドル)とし、現行の3億バーツから引き下げる。

タイで発行された債券を保有する非居住者に対し報告義務も強化した。

中銀の発表を受け、バーツは20ベーシスポイント下落し、1ドル=30.91バーツ。

バーツは今年対ドルで5.5%上昇し、アジア通貨で上昇率トップとなっている。

タイ株式市場.SETIは0.5%安。今年は11%値上がりしている。

市場関係者は、今回の措置について、資金流入に短期的な影響があるだろうと指摘。一部の市場関係者は中銀が利下げすべきだとの見方を示した。

タイ中銀は昨年12月の利上げ後、政策金利を1.75%に据え置いている。

タイ中銀のウィーラタイ・サンティプラポップ総裁は8日、同国へのホットマネーの流入に不満を持っていると発言。資金流入が異例の高水準に達すれば、行動する用意があると述べていた。

総裁は、金融政策を早急に調整する必要はないとの認識も示している。

中銀は今月、資金流入を抑制するため、短期債の発行額を減額していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below