July 30, 2020 / 10:12 AM / 8 days ago

タイ財務省、今年の経済成長予測をマイナス8.5%に下方修正

 7月30日、タイ財務省は新型コロナウイルスの流行を理由に2020年の経済成長率予測をマイナス8.5%に下方修正した。写真は4月30日、バンコクのスワンナプーム国際空港で撮影(2020年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[バンコク 30日 ロイター] - タイ財務省は30日、新型コロナウイルスの流行を理由に2020年の経済成長率予測をマイナス8.5%に下方修正した。1月時点の予測はプラス2.8%だった。

2020年の輸出の予測についても、1.0%増から11.0%減に下方修正した。

同省幹部が会見で明らかにした。

経済成長率は第2・四半期に2桁のマイナスで底を打った後、緩やかに回復する見通し。「チェックマーク型の回復になる公算が大きい」としている。

同省は追加の消費喚起策を次期財務相に提案する予定。

同国では8月中旬までに内閣改造が終了し、銀行幹部のプリディ・ダオチャイ氏が財務相に就任するとみられている。

財務省は、2021年の経済成長率がプラス4-5%、輸出が5%増になるとの見通しも示した。

2021年は、外国人観光客が1500万ー1600万人に増え、経済成長の原動力になる見通し。2020年の外国人観光客は680万人と予想されている。

2019年の外国人観光客は3980万人。国内総生産(GDP)の11.4%が外国人観光客の支出だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below