November 5, 2019 / 10:59 AM / 12 days ago

タイには十分な財政・金融政策余地=IMF専務理事

11月5日、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事(写真)は、タイには経済成長をてこ入れする財政政策や金融政策の余地が十分あるとの見解を示した。ワシントンで10月撮影(2019年 ロイター/Mike Theiler)

[バンコク 5日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は5日、タイには経済成長をてこ入れする財政政策や金融政策の余地が十分あるとの見解を示した。

同専務理事はバンコクで記者団に「タイには、金融面でも財政面でもぜいたくなほどの余地がある。構造改革を深化させるだけの余地もある。タイは良好な状況にある」と述べた。

ただ、こうした余地をいつどのように活用するかはタイの政策当局者が決めることだと語った。

タイ中央銀行は6日に金融政策委員会(MPC)を開く予定。 ロイター調査によると、エコノミスト28人中、15人が中銀はレポ金利を1.50%に据え置くと予想。13人は、25ベーシスポイント(bp)下げて過去最低に並ぶ1.25%とすると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below