for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイ中銀、新型コロナ危機対応支援措置を終了へ

10月31日、タイ中央銀行は、新型コロナウイルス危機に対応して導入した不動産向けと社債市場向けの2つの支援措置を終了すると発表した。バンコクのタイ中銀で2016年4月撮影(2022年 ロイター/Jorge Silva)

[バンコク 31日 ロイター] - タイ中央銀行は31日、新型コロナウイルス危機に対応して導入した不動産向けと社債市場向けの2つの支援措置を終了すると発表した。

不動産向けでは昨年、融資比率(LTV)の上限を70─90%から100%に引き上げていたが、これを延長せずに終了する。

社債市場向けでは、2020年に設立した4000億バーツ(105億3000万ドル)の安定化基金への申請を今年終了する。中銀は「新型コロナの状況が改善し、基金による支援の必要性が低下した」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up