Reuters logo
タイ前国王の火葬式終了、服喪期間明け国民は明るい色の服装に
2017年10月30日 / 03:49 / 19日後

タイ前国王の火葬式終了、服喪期間明け国民は明るい色の服装に

[バンコク 29日 ロイター] - タイのバンコクで29日、5日間にわたって行われたプミポン前国王の火葬式が最終日を迎え、遺骨と灰がそれぞれの最終安置所に納められた。火葬式の終了で、1年におよんだ服喪期間が明ける。

10月29日、タイのバンコクで、5日間にわたって行われたプミポン前国王の火葬式が最終日を迎え、遺骨と灰がそれぞれの最終安置所に納められた。火葬式の終了で、1年におよんだ服喪期間が明ける。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

前国王は26日、市内の王宮付近に造られた施設でだびに付され、タイの人口の4分の1を超える1900万人が全土の寺や追悼所にビャクダンの花を供えた。バンコクの通りには、数十万人の追悼者が詰めかけた。

前国王の遺骨は王宮内に、灰は2か所の寺院に置かれた。

29日夜には、ワチラロンコン新国王の娘のシリワンナワリ・ナリラタナ王女が馬上から最後の行列を先導し、前国王の灰が納められた寺院に行進した。

多くのタイ国民は過去1年間、追悼のため黒い服を着ていたが、政府は、服喪期間が正式に開ける30日から、明るい色の服装をするよう呼びかけた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below