May 8, 2019 / 3:07 AM / 18 days ago

タイ国王の戴冠祝い、「白いゾウ」10頭が街を行進

 タイの首都バンコクで、ワチラロンコン国王の戴冠式が終了した翌日の7日、白く塗られた10頭のゾウが王宮近くを行進した。ゾウは同国の歴史と文化において特別な意味を持っている(2019年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[バンコク 7日 ロイター] - タイの首都バンコクで、ワチラロンコン国王の戴冠式が終了した翌日の7日、白く塗られた10頭のゾウが王宮近くを行進した。ゾウは同国の歴史と文化において特別な意味を持っている。

アユタヤのエレファント・キャンプの運営者によると、毒性のない水性塗料に粉末を混ぜて、害を与えることなく、白いゾウのような見た目にしたという。

バンコク在住のPanarat Panchuerさん(61)は「ゾウは君主の象徴であり、戦いの象徴であり、平和と安らぎの象徴でもある」と話した。

ゾウは正式な戴冠式には参加しなかったが、国王には特別におめでたい贈り物である白ゾウが献上される予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below