January 21, 2020 / 7:57 AM / a month ago

UPDATE 1-タイ憲法裁、野党「新未来党」に無罪判決 解党はひとまず回避

(内容を追加しました。)

[バンコク 21日 ロイター] - タイ憲法裁判所は21日、昨年の下院選で躍進した野党「新未来党」について、立憲君主制の転覆を企てた事実はないとの判断を示した。

これにより、同党の解党は回避された。

同党は、立憲君主制の転覆を企てたとの訴えについて、野党の弾圧を目指す政治的な動機に基づくものだと反論していた。

同党に対する訴えには、世界征服を目指しているという説もある秘密結社「イルミナティ」とつながりがあるなどの申し立ても含まれていたが、すべて退けられた。

9人の判事の1人は、同党が立憲君主制を転覆する行動を取ってはいないとの判断を示す一方、同党のマニフェスト(政権公約)について、「憲法が定める民主主義の原則」に従う、という文言を「国王を国家元首とする民主主義体制」に改定すべきだとの見解を示した。

ただ、今回の判決で解党の危機が去ったわけではないとアリストらは指摘している。同党は他にも複数の告発を受けている。

選挙管理員会は先月、憲法裁判所に対し、新未来党がタナトーン党首から多額の融資を受けたのは政党法違反だとして、解党を命じるよう申し立てを行った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below