for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイ野党が首相不信任案提出、否決の見通し

タイ野党は15日、プラユット首相に対して不信任決議案を提出した。プラユット首相、5月撮影。(2022年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[香港 15日 ロイター] - タイ野党は15日、プラユット首相に対して不信任決議案を提出した。汚職、経済政策の失敗、民主主義の弱体化などを理由に挙げた。

野党陣営は内閣不信任案について、来月議会で審議したい考え。

プラユット氏の任期は来年3月までで、不信任案の採決が行われるのは今回が最後となる見込み。2019年の選挙以降に提出された3回の不信任案はいずれも否決された。

議会の勢力は連立与党の253議席に対し、野党は208議席となっている。

専門家は、連立与党がまだ結束しているとして不信任案は否決されると予想。政治アナリストからは、政権打倒よりも来年の選挙を意識した動きとの見方がでている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up