for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイでデモ、王宮前広場の「この国は国民のもの」プレートは撤去

[バンコク 21日 ロイター] - 抗議デモが続くタイでは週末も大規模なデモが実施され、20日には「この国は国民のもので国王のものでない」などと刻まれたプレートをデモ隊が王宮前広場に埋め込んだ。だがプレートはその後、何者かによりはがされたことが明らかになった。警察は、プレートの行方を調査するとともに、プレートの埋め込みに関与した人物を処罰する方針を示した。

 抗議デモが続くタイでは週末も大規模なデモが実施され、20日には「この国は国民のもので国王のものでない」などと刻まれたプレートをデモ隊が王宮前広場に埋め込んだ。だがプレートはその後、何者かによりはがされたことが明らかになった。写真はプレートを埋める学生ら(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

バンコクの警察幹部は21日、ロイターに「プレートがなくなったという報告を受けたが、だれがどのようにはずしたかはわからない」とした上で「プレートは、(プレート埋め込みという行為で)デモ隊を起訴する証拠の一部であり、警察とバンコク首都圏庁(BMA)が協力して調査している」と述べた。

2カ月に及ぶ抗議デモは激しさを増し、19日は数万人が王室改革、プラユット首相の退陣、新憲法の制定や選挙の実施を求めて行進した。

20日早朝、デモ隊は王宮前広場に「この場所で国民はみずからの維持を示した。この国は国民のものであり、国民を裏切ってた国王の資産ではない」と刻んだプレートを埋め込んだ。

このプレートは、絶対君主制を終わらせた立憲革命の際に作られたプレートを模したものだが、国民全員が支持しているわけではない。

右派の有力政治家Warong Dechgitvigrom氏は20日、プレートは不適切で、国王は政治を超えた存在だとロイターに語った。

デモに参加した男性は、プレートはすぐに消えるだろうと誰もが思っていたが、埋め込むことができたということに意義があると述べた。

人権弁護士のアノン・ナンパ氏は、プレートは国民に返すべきと主張し、警察にプレートと外した人物を探し出すよう要請すると述べた。

抗議デモは24日にも予定されている。デモの指導者は、10月14日に仕事を休み、変革への支持を示すよう呼び掛けている。

また王室財産管理局(CPB)が23%超出資するサイアム・コマーシャル銀行SCB.BKからの預金引き出しや、映画館で上映前の国歌放送時に起立するのはやめるよう呼び掛けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up