August 15, 2016 / 5:41 PM / 3 years ago

タイ爆破事件で観光客最大20万人減の可能性=政府

 8月15日、タイ政府観光庁は一連の爆破事件で、観光客が最大20万人減る可能性があると指摘した。写真はプーケットの爆破現場で捜査する当局者ら。12日撮影(2016年 ロイター/Reuters TV)

[バンコク 15日 ロイター] - タイ政府観光庁のユタサック総裁は15日、先週発生した一連の爆破事件により、タイへの観光客が最大20万人、観光収入が2億9300万ドル減少する可能性があると述べた。

タイは10年に及ぶ不安定な政治を耐えしのぎ、ここ数年の暴力の横行によるダメージからも立ち直ってきたタイの観光業にとって、11-12日にかけてホアヒンやプーケットなどの地域で相次いだ爆破事件は最大の挑戦となる。

ユタサック総裁は声明で「年末までに10万から20万件の旅行キャンセルが発生するかもしれない。50億8000万バーツ(1億4600万ドル)から101億6000万バーツ(2億9300万ドル)の損失となる」とし、爆破事件は特にアジアの他の地域からの旅行者や観光収入の長期的な落ち込みにつながりかねないと述べた。

観光はタイの国内総生産(GDP)の1割を占める。2014年のクーデターで軍部が政権を握って以来、経済は低迷しているが、観光業は数少ない明るい材料だった。

タイ国際航空(THAI.BK)のナロンチャイ最高財務責任者(CFO)は12日、連続爆破事件がビジネスへの打撃となり、消費者の信頼感を損ねるだろうと述べた。

爆破事件に関する犯行を認めた団体はない。警察は15日、事件に絡んで、放火の疑いで男性1人を逮捕したと発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below