for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ATPファイナル、ティエムがナダルにストレート勝ち

 男子テニスの年間成績上位8人で争われるツアー最終戦、日東電工ATPファイナルのシングルス・ラウンドロビン、全米王者で第3シードのドミニク・ティエム(写真)が第2シードのラファエル・ナダルを7─6、7─6のストレートで制し、2連勝を飾った(2020年 ロイター)

[ロンドン 17日 ロイター] - 男子テニスの年間成績上位8人で争われるツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは17日、ロンドンでシングルスのラウンドロビンを行い、全米王者で第3シードのドミニク・ティエム(オーストリア)が第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7─6、7─6のストレートで制し、2連勝を飾った。

ティエムは「間違いなく、これまでの自分のキャリアで良い試合のひとつだった」と述べ、「第1セットを取ったあとの彼の勝率はものすごく高いので、第1セットを落とさないことが非常に重要だった。そうでなければ彼に勝つのはほぼ不可能」と続けた。

前年優勝で第6シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)は、第7シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に6─1、4─6、7─6で勝利。ルブレフは2連敗となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up