February 26, 2020 / 12:02 AM / a month ago

トムソン・ロイター、新CEO発表 第4四半期は60%営業増益

[ニューヨーク 25日 ロイター] - ニュース・情報サービスのトムソン・ロイターは25日、ジム・スミス最高経営責任者(CEO)の後任に米情報・調査会社ニールセン・ホールディングスの元社長、スティーブ・ハスカー氏(50)を指名したと発表した。

この日発表した2019年第4・四半期決算は、コスト削減などが奏功し、営業利益が前年比60%増加した。

ハスカー氏は3月15日にCEOに就任する。スミス氏は引き継ぎ期間の後、トムソン・ロイター財団の理事長に就任する。

ステファン・ベロ最高財務責任者(CFO)も退任する。後任は、コーポレート・ファイナンス部門のシニア・バイス・プレジデントのマイク・イーストウッド氏。

トムソン・ロイターは、2008年の金融危機の打撃からの回復を図るなかで、経費を削減し事業売却を進めてきた。

スミス体制のもと、ファイナンシャル・アンド・リスク(F&R)部門の過半数株式を米投資会社ブラックストーンに売却した。同部門はリフィニティブに改名し、ロンドン証券取引所(LSE)による買収で合意した。

スミスCEOはインタビューで「最も誇りとするものは、と聞かれたら、トムソン・ロイターの社員たち、われわれが日々取り組んでいることだ」と述べた。次期CEOのハスカー氏については「成長の加速や新たな計画に注力することになる。彼ならできると思う」と語った。

<予想上回る利益>

2019年第4・四半期の営業利益は前年比60%増の2億1600万ドル。調整後の利益は1億8500万ドル、1株当たり0.37ドルで、前年同期(1億0200万ドル、1株当たり0.19ドル)から増加した。リフィニティブのIBESによるアナリストの1株利益の平均予想は0.33ドル。

オーガニック売上高(為替や資産買収・売却などの影響を除く売上高)は4%増の15億8000万ドル。法務など主要3事業部門が増収となったほか、ロイターニュース部門もオーガニック売上高が5%増の1億6400万ドルとなった。

トムソン・ロイターは2020年のオーガニック売上高伸び率目標を4─4.5%で据え置いた。利益率は、昨年10月に示した予想を若干上方修正し、2019年実績も上回ると予想した。

取締役会は年間配当を0.08ドル引き上げ1株=1.52ドルとすることを承認した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below