October 31, 2019 / 5:35 PM / 18 days ago

トムソン・ロイター、営業利益が予想超え 自社株買い拡大へ

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイターが31日発表した第3・四半期決算は営業利益が市場予想を上回った。ニューヨークで昨年1月撮影(2019年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ニューヨーク 31日 ロイター] - ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター(TRI.N)(TRI.TO)が31日発表した第3・四半期決算は営業利益が市場予想を上回った。自社株買いを拡大し、配当性向を引き上げる方針も合わせて発表した。

営業利益は2億6200万ドル(1株当たり0.27ドル)と、前年同期の1億7300万ドル(同0.12ドル)から増加した。リフィニティブのまとめたアナリストの1株利益予想は0.19ドルだった。

売上高は10%増の14億1000万ドルで、予想を小幅に下回った。オーガニックセールス(為替や資産買収・売却などの影響を除く売上高)は4%増で、前四半期の伸びに並んだ。

法務・税務・会計の主要3部門の売上高は増加。ロイター・ニュース部門のオーガニックセールスも3%増となった。

8月に上方修正した2019、20年の売上高および利益見通しを堅持した。

さらに、配当性向をフリーキャッシュフローの50─60%とし、従来の40─50%から引き上げる方針を示したほか、年内から来年にかけ新たに2億ドル相当の自社株買いを実施する計画を取締役会が承認したことを明らかにした。

第3・四半期の営業利益の増加は、米投資会社ブラックストーン(BX.N)を中心とするコンソーシアムに昨年買収された金融情報会社リフィニティブ(旧ファイナンシャル&リスク部門)のワラント(新株引受権)再評価を反映する。

同コンソーシアムはリフィニティブの55%株、トムソン・ロイターが残りの45%株を保有。ブラックストーンは今年8月、リフィニティブをロンドン証券取引所(LSE)(LSE.L)に270億ドルで売却することで合意した。

トムソン・ロイターはブラックストーンとの取引で獲得した170億ドルのうち20億ドルをリフィニティブ拡充に向けた企業買収費用として積み立て。ジム・スミス最高経営責任者(CEO)はこれまでに20億ドルの半分強を利用したことを明らかにし、残りの半分の使途を模索していく意向を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below