November 6, 2018 / 6:21 PM / 10 days ago

トムソン・ロイター、相当規模の買収機会模索 四半期決算発表

[トロント 6日 ロイター] - ニュース・情報サービス、トムソン・ロイター(TRI.N)(TRI.TO)のジム・スミス最高経営責任者(CEO)は6日、金融端末事業の過半数株売却後、法務・税務部門押し上げに向け、相当規模の事業買収機会を模索する考えを示した。

ロイターのインタビューで、買収費用として20億ドルを用意したと明らかにした。ファイナンシャル&リスク(F&R)部門の過半数株式を投資会社ブラックストーン(BX.N)に売却したことで170億ドルを得た。

スミスCEOはアナリストとの電話会議で、適正案件があれば20億ドル超を投じる可能性を示した。

トムソン・ロイターの株価はこの日午前の取引で、1.1%上昇した。

第3・四半期決算は減益となったものの、市場予想ほど落ち込まなかった。

1株利益(一時項目除く)は0.11ドル。前年同期は0.27ドル。リフィニティブのアナリスト予想である0.03ドルを上回った。

売上高(為替変動の影響除く)は3%増の12億9000万ドル。アナリスト予想は平均で13億2000万ドル。

部門別の売上高(為替変動の影響除く)は、法務部門が4%増の8億8300万ドル。税務・会計部門は3%増の3億4100万ドル。ロイターニュース部門は4%減った。

利払い・税・償却前利益(EBITDA、為替変動の影響除く)は21%減の3億0200万ドル。非継続事業の収益が伸びる一方、継続事業の法人税負担が拡大した。

2018年通期の売上高は1ケタ台前半の伸びになるとの見通しを据え置いた。スミスCEOはアナリストとの電話会議で、より長期では1桁台半ばの伸びが目標と説明した。

調整後のEBITDAは13億ドルを見込む。従来予想は12億ー13億ドル。前年は16億ドル。

スミスCEOは声明で「年初からの業績を踏まえ、今年は底堅い一年となり、来年は上向くとの確信が強まっている」と述べた。

エドワード・ジョーンズのアナリストは、トムソン・ロイターの中核事業成長に勇気付けられたとしつつ、見通しに慎重な見方を示した。「新たな営業構造に転換する中、向こう数年間にわたる利益の伸びを巡り幾分不透明感がある」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below