August 1, 2019 / 11:00 AM / 4 months ago

トムソン・ロイター、第2四半期売上高増加 業績見通し引き上げ

[ロンドン 1日 ロイター] - ニュース・情報サービスのトムソン・ロイターが1日に発表した第2・四半期決算は、為替相場や資産買収・売却などの影響を除く本源的売上高(オーガニックセールス)が4%増と、2008年以来の高い伸びを記録した。また、2019年と2020年の売上高と中核的利益の見通しを引き上げた。

ジム・スミス最高経営責任者(CEO)は「将来の成長に向けた体制は整っている。2019年と2020年の売上高の伸びと調整後EBITDA(支払利息・税金・償却控除前利益)は、以前示したガイダンスのレンジ上限になると予想している」と述べた。

トムソン・ロイターはこれまで、2019年の売上高は為替の影響を除き7─8.5%増になると予想していた。2020年については、その半分程度の伸びになるとしていた。

EBITDAは2019年は14億─15億ドルと予想していた。2018年は14億ドルだった。2020年のEBITDAマージンは30─31%とみていた。

第2・四半期は、売上高が14億2000万ドルとなり、前年同期の13億1000万ドルから増加した。アナリストのコンセンサス予想の14億3000万ドルとほぼ一致した。

調整後EBITDAは2%増の3億5500万ドル。ただ、米ブラックストーンへのファイナンシャル&リスク(F&R)部門(現リフィニティブ)株売却に伴う会社分割費用が影響し、EBITDAマージンは25%と、前年同期の26.6%から低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below