for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仮想通貨ヘッジファンドのスリー・アローズ、資産売却も検討=WSJ

 6月17日、米紙WSJは、暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのスリー・アローズ・キャピタルが資産売却や他社による救済を検討していると報じた。写真はビットコインのイメージ。2021年10月撮影(2022年 ロイター/Edgar Su)

[17日 ロイター] - 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は17日、暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのスリー・アローズ・キャピタルが資産売却や他社による救済を検討していると報じた。

金利が上昇する中、投資家によるリスク資産売却を背景に、仮想通貨市場は大打撃を被っている。交換所大手のコインベースなどは1000人規模の人員削減を余儀なくされている。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は16日、スリー・アローズ・キャピタルが先週末にマージンコール(追加証拠金の要求)に応じることができなかったと報じていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up