for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-3人の遺伝子持つ子の誕生は「革命的」、米研究者が見解

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米ニューヨークの研究チームの専門家が、両親と第3の卵子提供者の3人の親の遺伝子を受け継ぐ体外受精男児の誕生に成功したと述べるとともに、この技術は「人体の再生において革命的なアプローチ」との見解を示した。研究を率いたニューホープ不妊治療センターのJohn Zhang氏が、ニューヨークで行われた会合で述べた。

この技術は、母親から子どもに遺伝するミトコンドリア疾患のある家族の救済を目的に開発されているもので、米国では母子に対するリスクを考慮して実施を禁止している。

ミトコンドリア疾患は世界の子供の約6500人に1人が影響を受けており、今回は約5カ月前に、ヨルダンの夫婦がメキシコで技術の提供を受けたという。母親は、中枢神経系に作用する遺伝子の突然変異から寿命が誕生後数年に限られるリー症候群の遺伝子をもっていた。

Zhang氏はロイターに「人類史上初となった今回の技術により、二つの卵子と1つの精子から健康な人間が誕生した。今回の成功は極めて健全で、励まされる結果だ。私は(子どもの死に苦しんでいた家族に健康な子どもという)贈り物を届けていると感じている」と述べた。

*本文3段落目の「リー症候群」を「リー症候群の遺伝子」に訂正して再送しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up