for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正:独ティッセンクルップ、業績安定化の兆し 鉄鋼は苦戦

 8月13日、ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手、ティッセンクルップは、第3・四半期(4─6月期)の調整後営業損失(継続事業ベース)が6億7900万ユーロになったと発表した。写真は同社のロゴ。ドイツのロットバイルで1月撮影(2020年 ロイター/Michaela Rehle)

[フランクフルト 13日 ロイター] - ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手、ティッセンクルップTKAG.DEは13日、第3・四半期(4─6月期)の調整後営業損失(継続事業ベース)が6億7900万ユーロ(8億ドル)になったと発表した。5月時点に示していた最大10億ユーロの損失見通しに比べ、小幅にとどまった。

マルティナ・メルツ最高経営責任者(CEO)は「コスト管理と流動性確保に努めてきた。その結果、第3・四半期は全般的に、当初予想よりも幾分うまく危機を乗り切ることができた」と述べた。

同社はエレベーター事業を172億ユーロで投資会社などの事業共同体に売却した。残る事業の多くは業績が安定しつつあり、前四半期比で改善も見られているという。

ただ鉄鋼部門だけは苦戦が続いている。ティッセンクルップ・スチール・ヨーロッパの今事業年度(9月まで)の調整後営業損失は10億ユーロ(訂正)に上る見通し。

*最終段落の営業損失を「1億ユーロ」から「10億ユーロ」に訂正します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up