for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独ティッセン、事業縮小へ 鉄鋼・海洋部門は提携先模索

 5月19日、ドイツ鉄鋼・エンジニアリング大手、ティッセンクルップは18日、経営を立て直し、投資家の信頼感を回復させるための計画を発表した。鉄鋼部門と潜水艦などの海洋システム部門について、提携先を探す。写真はドイツで1月撮影(2020年 ロイター/Michaela Rehle)

[フランクフルト/デュッセルドルフ 18日 ロイター] - ドイツ鉄鋼・エンジニアリング大手、ティッセンクルップTKAG.DEは18日、経営を立て直し、投資家の信頼感を回復させるための計画を発表した。鉄鋼部門と潜水艦などの海洋システム部門について、提携先を探す。

また、売上高が60億ユーロ(66億ドル)に達し、2万人の従業員(全体の約13%に相当)を抱える一部の事業について、売却もしくは閉鎖する計画。

マルティナ・メルツ最高経営責任者(CEO)は「事業のポートフォリオを見直した結果、先延ばししてきた難しい決断を下した。これを体系的に行っていく」と説明し「ティッセンクルップは、より小規模で強い企業になる」と述べた。

素材部門、工業部品部門、自動車技術部門はティッセンクルップ傘下で事業を継続。これらの事業の総売上高は180億ユーロでグループ全体の43%。

鉄鋼部門と潜水艦などの海洋システム部門は、グループ内のパートナーとの共同事業などを模索する。

過去1年で約3分の2の時価総額を失った同社だが、18日の欧州株式市場で株価は12.5%高で引けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up