for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LVMH、ティファニー買収断念 米の対仏追加関税巡る懸念で

[パリ/ニューヨーク 9日 ロイター] - 高級ブランド世界最大手LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは9日、米宝飾品大手ティファニーを160億ドルで買収する計画を断念すると発表した。

米国がフランス製品に追加関税を課す懸念を理由に、仏外務省からティファニー買収を2021年1月6日以降に先送りするよう求める書簡を受け取ったと声明で表明。ティファニーも買収完了期限を11月24日から12月31日に再延期するよう求めてきたとし、「このままではティファニー買収を完了することができない」と判断した。

ギオニー最高財務責任者(CFO)は同日、記者団との電話会議で「買収は不可能だ」と断言。ルドリアン仏外相と会談したことを明かした上で、LVMHは仏政府の要請に従わなければならないが、買収完了期限を11月24日以降に先送りすることを望んでおらず、結果的に買収を断念せざるを得ないとした。

仏外務省の報道官は記者団に対し、ルドリアン外相がLVMHのティファニー買収にかかる問題の詳細に取り組むと指摘。仏政府は提携国との国際交渉において「言いなり」にならないとした。

LNMHの発表に対し、ティファニーは、LVMHが契約上の義務を順守し、合意された条件で買収を完了することを求め、米デラウェア州の裁判所に同社を提訴したと発表。LVMHは独占禁止法上の認可取得に関連する義務に違反していると主張した。

ティファニー株価は序盤の米国株式市場で約10%下落。LVMHはパリ市場で1.3%安。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up