for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TikTok、オラクルと合意近づく データ巡る米当局懸念に対応

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は、親会社である中国バイトダンスがアクセスできない形で米国ユーザーの情報を保管する案で米オラクルと合意に近づいている。データ保全を巡る米当局の懸念を和らげる狙い。写真は2020年9月撮影(2022年 ロイター/DADO RUVIC)

[10日 ロイター] - 動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は、親会社である中国バイトダンスがアクセスできない形で米国ユーザーの情報を保管する案で米オラクルと合意に近づいている。データ保全を巡る米当局の懸念を和らげる狙い。事情に詳しい複数の関係筋が明らかにした。

トランプ前米政権は2020年、米ユーザーの情報を中国政府が入手する恐れがあるとの懸念から、バイトダンスにTikTokの米国事業売却を命じた。

バイデン政権に交代後、この命令は執行されていないが、対米外国投資委員会(CFIUS)はTikTokのデータの安全性に引き続き懸念を抱いており、バイトダンスはこれに対処したい考えという。

TikTokとオラクルの提携で安全保障上の問題が解決されるとCFIUSが見なすかどうかは不明。

関係筋によると、両社の提携案ではTikTokの米ユーザーの全情報をオラクルが自社サーバーに保管する。

バイトダンスがアクセスできないよう、専属の米データ管理チームを立ち上げる。双方はこのチームがTikTokの管理・監督を受けずに独立して稼働できる仕組みを協議している。

TikTokはファイアウォールやサイバーセキュリティー対策について、他のテクノロジー企業との提携も模索しているという。

TikTokの広報担当者はオラクルとの提携についてコメントを控え、「ユーザー情報の安全を維持する総合的な取り組みの一環として、データセキュリティーに引き続き投資している」と述べた。

オラクルのコメントは得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up