July 27, 2018 / 7:54 PM / 3 months ago

チャーターとタイム・ワーナー・ケーブルの統合、NY州が承認撤回

[27日 ロイター] - ニューヨーク州公益事業委員会は27日、米ケーブルテレビ(CATV)大手、チャーター・コミュニケーションズ(CHTR.O)とタイム・ワーナー・ケーブルの経営統合承認を取り消したことを明らかにした。

同委員会は、チャーターが「十分なサービスが受けられない」農村部の家計、企業向けに十分なインターネットアクセスを構築する合意を果たさなかったと説明した。

チャーターは声明で、ネットブランド「Spectrum」の範囲について合意後、州内8万6000件の住宅や企業に拡大したとしている。

同委員会はチャーターの違反行為に罰則を科すためにNY州最高裁判所において特別訴訟手続きを開始する見込みという。

一方、チャーターは同委員会の承認撤回決定に対し30日以内に異議申し立てを行うことが可能。

チャーターの広報担当者にコメントを求めたが、今のところ回答は得られていない。

同委員会は「チャーターにはこれらの問題を解決する機会が何度もあったが、そうしなかっただけでなく、問題を回避する取り組みを堂々と行っていた」との見解を示した。

また同委員会はチャーターに対し、同社の業務を引き継ぐ新たなケーブルプロバイダーを探す期間として2カ月間の猶予を与えた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below