May 17, 2013 / 5:02 PM / 6 years ago

スロベニアの長期外貨建て格付けを引き下げ=フィッチ

[ニューヨーク 17日 ロイター] - フィッチは17日、スロベニアの長期外貨建て格付けを「Aマイナス」から「BBBプラス」に引き下げた。見通しは「ネガティブ」に据え置いた。

フィッチは声明で「銀行の資本増強にかかる費用をめぐって、当局とフィッチとの間で依然、見解に大きな隔たりが存在する」と述べた。

市場では、同国が国際機関への支援要請を迫られるのではないかとの不安が根強い。

フィッチは同国の今年の成長率がマイナス2%に落ち込むと予想。リセッション(景気後退)が進行し長期化した場合、さらに格下げする可能性があるとした。

他の格付け会社では、スタンダード&プアーズ(S&P)が「Aマイナス」、見通しを「安定的」としているほか、ムーディーズは「Ba1」、見通しを「ネガティブ」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below