October 16, 2012 / 4:02 AM / 6 years ago

イスラエルで「段ボール自転車」開発、貧困国に無料提供も

10月15日、イスラエルのイズハル・ガフニさんが、車体の大部分を段ボールで構成する自転車を開発した(2012年 ロイター/Baz Ratner)

[MOSHAV AHITUV(イスラエル) 15日 ロイター] イスラエルの男性が、車体の大部分を段ボールで構成する自転車を開発した。軽量で生産コストも低いことなどがら、貧困国に無料で提供することも考えているという。

この自転車を生み出したのは自動量産ラインの設計を専門とし、大の自転車好きでもあるイズハル・ガフニさん(50)。約1年半にわたり試行錯誤を繰り返して完成させ、向こう数カ月以内に量産を始めるとしている。

段ボールは自転車の形に切断されたあと、特殊な有機混合物で防水処理と防火処理を施し、表面を塗料で加工する。また、ペダルや車輪などにはリサイクル材料が使われており、タイヤは再生ゴムでできている。

ガフニさんによると、量産を開始すれば、部品コストは1台当たり9ドル(約710円)になり、販売価格は約20ドルを下回る見通し。

ガフニさんの事業パートナーは、環境に優しい材料を用いればリベートを受け取れるほか、企業の宣伝を車体に入れることで広告収入が得られると説明。このため、貧困国に自転車を無料で提供することも可能だと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below