Reuters logo
サンディは中小企業にも深い爪あと、邦人経営のアイス工場も被害
2012年11月2日 / 06:02 / 5年前

サンディは中小企業にも深い爪あと、邦人経営のアイス工場も被害

[ニューヨーク 1日 ロイター] 米東海岸を襲った大型ハリケーン「サンディ」は、被災地の中小企業にも深い爪あとを残し、ニュージャージー州では日本人が経営するアイスクリーム会社も甚大な被害を受けた。

11月1日、米東海岸を襲ったハリケーン「サンディ」は、被災地の中小企業にも深い爪あとを残し、ニュージャージー州では日本人が経営するアイスクリーム会社も甚大な被害を受けた。写真は同社の工場(2012年 ロイター/Reuters TV)

もちアイスを製造する会社の社長、ヨシアキ・ユヤマさんは1日になって初めて工場の第5冷凍室に入った。48時間以上停電だったこともあり、同室内にあった段ボール300個分のアイスは全滅、別の冷凍室に保管されていた段ボール2000個分も廃棄処分を余儀なくされた。

災害リスク評価会社によると、サンディによる保険損失額は最大200億ドル(約1.6兆円)、経済損失額が最大500億ドルにも上る見通し。ユヤマさんの会社をはじめ、数千の中小企業が復旧作業に追われているが、現在もなお停電が続いている地域もあるという。

静岡県出身で1990年に創業したというユヤマさん。「電気が来ないということは本当に大変なこと。仕事ができない。箱や材料、作ったアイスクリームすべて失った」と落胆を隠せず、保険が何をカバーしてくれるかも分からないと話す。

同社では1週間分の供給量にあたる商品を失い、すでに約4万ドルの損失が出ている。「今週電気が戻っても利益を出すことは無理だ。12月には大問題を抱えることになる」と、ユヤマさんは先が見通せない状況を嘆く。

ただ、ユヤマさんは「今回の被害は何万ドルという損害になるが、(東日本大震災の)津波のことを考えると何ともない」と、製造再開に向けた意気込みも示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below