Reuters logo
ソフトバンク、イー・アクセスとの株式交換比率を見直し
2012年11月2日 / 10:37 / 5年後

ソフトバンク、イー・アクセスとの株式交換比率を見直し

[東京 2日 ロイター]ソフトバンク(9984.T)は2日、完全子会社化するイー・アクセス9427.Tとの株式交換比率を見直すと発表した。米携帯電話3位のスプリント・ネクステル(S.N)買収にあたり、ソフトバンクの株価が急落したことを反映した措置。

イー・アクセス株を1株5万2000円とする評価は変更しない。当初は、ソフトバンク株を3108円と評価して交換比率はイー・アクセス1株に対して16.74株としていたが、直近の株価を反映してソフトバンク株を2589円と再評価し、20.09株で交換することに変更した。

ソフトバンク株は10月11日夜にスプリント買収が報じられて急落。買収発表当日15日に2268円まで落ち込んだが、孫正義社長が記者会見で、買収資金を捻出するためにエクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)は行わないと表明したことで翌16日には2485円まで持ち直した。交換価格は、その翌日の17日からきょう2日までの平均値を採用した。

(ロイターニュース 村井令二)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below