Reuters logo
韓国「軍隊式」予備校で受験挑む浪人生、異性との会話も禁止
2012年11月6日 / 00:11 / 5年前

韓国「軍隊式」予備校で受験挑む浪人生、異性との会話も禁止

[光州 5日 ロイター] 韓国では8日に日本の大学入試センター試験に相当する「大学修学能力試験」が行われるが、一生が決まるとも言われる同試験に向けて、軍隊式の予備校でスパルタ教育を受ける浪人生たちがいる。

11月5日、韓国では8日に日本の大学入試センター試験に相当する「大学修学能力試験」が行われるが、一生が決まるとも言われる同試験に向けて、軍隊式の予備校でスパルタ教育を受ける浪人生たちがいる。写真は予備校で授業を受ける生徒たち。10月撮影(2012年 ロイター/Kim Hong-Ji)

同国南西部の光州にある軍隊式予備校「Deung Yong Moon」では、生徒たちは9カ月間寮生活を送りながら受験に臨む。学費は1カ月200万ウォン(約14万円)で、現在約500人が同校で学んでいるという。

生徒の8割は男子で、授業中はもちろんのこと、昼休みも女子と話をするのは禁じられている。また、テレビやインターネット、携帯電話やMP3プレーヤーも禁止されている。男子は青色の、女子は赤色のジャージ着用が義務付けられているほか、校内80カ所以上にカメラが設置され、四六時中監視されている。

「勉強中はトイレに行きたくても、なかなか行けない。朝早く起きるのもつらい」と語るのは、同校で学ぶUm Hee-joonさん(20)。また、Cho Hwanさん(20)は「本当に息が詰まりそう。試験が終わったらやりたい100のリストを作った。一番は旅行かな」と話した。

同校のような軍隊式予備校は韓国に約40校あるといい、教育専門家によると、ソウルの一部地区では受験者数の半数以上が浪人生だという。今年は約14万人が同試験を受験するとみられている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below