Reuters logo
勝利宣言もつぶやき、米大統領選で「ツイッター選挙」加速
2012年11月7日 / 22:42 / 5年前

勝利宣言もつぶやき、米大統領選で「ツイッター選挙」加速

[ワシントン 7日 ロイター] あなた方のおかげで(勝利は)起きた。ありがとう――。6日に行われた米大統領選で再選を果たしたオバマ大統領が、最初にこう勝利宣言したのは、ツイッター上でだった。

11月7日、米大統領選で再選を果たしたオバマ大統領が、最初に勝利宣言したのはツイッター上でだった。写真はオバマ大統領の支持者が振る米国旗(2012年 ロイター/Philip Andrews)

オバマ大統領は、テレビ各局が大統領の勝利確実と伝え始めた東部時間午後11時15分ごろ、すでにツイッターで自身の勝利を宣言していた。シカゴの会場で勝利演説を行う前にツイッターで宣言したということは、今回の選挙でツイッターのようなソーシャルメディアが果たした役割の大きさを物語っている。

選挙の行方がまだ明らかになっていなかった同午後10時までには、ツイッターはツイート数が過去記録を更新したと発表。同社の広報担当レイチェル・ホーウィッツ氏は、6日夜の選挙関連ツイート数は3100万を超え、「最もツイートされた米政治的イベント」と語った。これまでの最多記録は、先月3日に行われた第1回大統領候補討論会での1000万ツイートだったという。

また、ホーウィッツ氏は「ツイッターは全国的な党員集会のようだった」と述べ、オバマ大統領の再選が確実となった瞬間には1分間で32万7000ツイートに達したという。

長期間に及んだ今回の選挙戦では、民主党のオバマ大統領、共和党のロムニー候補双方の陣営が、インターネットを使っての中傷合戦を展開してきた。好き嫌いを別にして、政治に果たすツイッターの役割は今後も浸透していくとみられる。

民主党のストラテジスト、ジャマール・シモンズ氏は、将来行われる選挙において、候補者や各陣営はもう1つの「戦場」としてソーシャルメディアを考慮に入れる必要があると指摘。「今回の選挙は初のツイッター選挙となった。今後、選挙に勝ちたければ、強力なソーシャルメディア戦略が欠かせない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below