November 14, 2012 / 5:02 AM / 6 years ago

サッカー=「不適切発言」疑惑の英審判、警察が捜査打ち切り

11月13日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシー対マンUの一戦で、マーク・クラッテンバーグ主審(写真)が選手に不適切な発言を行ったとされる問題で、ロンドン警視庁は捜査を打ち切ると発表した。10月撮影(2012年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 13日 ロイター] ロンドン警視庁は13日、先月行われたサッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド(マンU)戦で、主審が選手に不適切な発言を行ったとされる問題について捜査を打ち切ると発表した。

チェルシーは、2─3で敗れた10月28日のマンU戦で主審のマーク・クラッテンバーグ氏がMFジョン・オビ・ミケルに不適切な発言を行ったとして、イングランド・サッカー協会(FA)に申し立てを行っていた。

この件を捜査していたロンドン警視庁は、「聞き取り捜査を進めたが、被害者は出てこなかった」との声明を発表。「被害者がおらず、侮辱行為があったという証拠もないため、現時点では捜査できない。状況が変われば、再び聞き取りを行うこととなる」とした。

クラッテンバーグ氏は問題となったチェルシー戦以降、2週続けてプレミアリーグで笛を吹いておらず、今週末のリーグ戦でも担当から外れる見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below