Reuters logo
日経平均大幅続伸、輸出株と先物主導で一時9000円回復
2012年11月16日 / 02:51 / 5年前

日経平均大幅続伸、輸出株と先物主導で一時9000円回復

[東京 16日 ロイター] 前場の東京株式市場で日経平均は大幅続伸。取引時間中としては11月7日以来7営業日ぶりに一時9000円を回復した。1ドル81円台に進んだ円安を好感し、自動車、電機などの輸出株が軒並み高。キヤノン(7751.T)の上昇率が前日比5%を超えたほか、トヨタ(7203.T)、ホンダ(7267.T)なども大幅高となった。

11月16日、前場の東京株式市場で日経平均は大幅続伸。取引時間中としては11月7日以来7営業日ぶりに一時9000円を回復。写真は6月撮影(2012年 ロイター)

先物には選挙イベントをにらんだヘッジファンドの仕掛け的な買いも入ったとみられている。

自民党・安倍政権が誕生した場合の金融緩和や景気刺激策などへの期待が続いている。市場では「為替が予想以上の円安に振れ買い戻しが加速した。企業業績への不安が後退し先高期待が増している。米国の『財政の崖』が回避されれば一段高も見込める」(大手証券)との声が出ていた。日本株は世界的な株安に逆行する展開となっている。「安倍氏の過去の実績を考えれば政策実行力には懐疑的にならざるを得ないが、相場の流れに逆らえない」(準大手証券トレーダー)とのムードが広がっている。

個別銘柄では、アコーディア・ゴルフ2131.Tがストップ高買い気配。PGMホールディングス2466.Tが15日、経営統合を目的としてアコーディア株を1株8万1000円で公開買い付け(TOB)すると発表したことを材料視した。半面、富士紡ホールディングス(3104.T)は急落。15日に公募増資と自己株処分を発表し希薄化が懸念された。

東証1部騰落数は、値上がり1077銘柄に対し、値下がり448銘柄、変わらずが140銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below