Reuters logo
ドル81円付近、ロング手仕舞いで上値重い
2012年11月16日 / 06:57 / 5年後

ドル81円付近、ロング手仕舞いで上値重い

[東京 16日 ロイター] 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の81円付近。ロングの手仕舞いで、一時81円を割り込んだが、自民党がとりまとめた日本経済再生案の内容が伝わると、急速に買い戻された。

11月16日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の81円付近。昨年8月撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

もっとも、その後は再び上値の重い展開となった。ドル/円をめぐっては、政権交代が金融緩和強化につながるとの思惑から円売りに傾きやすい地合いにあるが、最終的には日本売りになる可能性も排除できないと懸念する声も出ている。

前日の海外市場でドル/円は81.46円と4月25日以来の高値を付けたが、東京市場では上値の重い展開となった。ロングの手仕舞いで一時80.97円まで下落。その後、自民党がとりまとめた日本経済再生案の内容が伝わると、急速に買い戻されたが、81.10円台では重さが目立った。高値は朝方の81.27円だった。ドル/円はこの2日の上げが急だっただけに、調整が入りやすくなっている。

市場では「『財政の崖』をめぐる懸念や、ギリシャ資金手当ての問題などを考えると、円売り一辺倒にはなりにくい」(外資系証券)との声が出ていた。

これに対して、欧州系銀行の関係者は「これまで大きなドル/円の売り手として輸出企業がいたが、ここに来て売る玉はどんどん少なくなってきている」と指摘。オプションに絡んだ攻防などで売りは出ても、売り圧力は強まりにくいとの見方を示した。「基本的にはロングで回すのがトレンド。ここまで78―81円で推移していたものが、80―83円というレンジに変わってきたのではないか」という。

ドル/円をめぐっては、新政権誕生で金融緩和が強化されるとの思惑から円売りに傾きやすい地合いにあるが、参加者の中には「日本売り」を指摘する声も出始めている。

大手信託銀の関係者は「安倍自民党総裁で財政規律の緩み、国債格下げリスクに加え、次期日銀総裁に超積極緩和派が抜擢されるとの思惑もある。ドル/円は手前は緩和期待で上げていたが、最終的に日本売りになる可能性は排除できない」と懸念を示した。

自民党は16日、日本経済再生本部(本部長:安倍晋三総裁)を開き、これまでの議論を集約した「中間とりまとめ案」を議論した。骨子案によると、2%の物価目標を設定し、あらゆる政策手段を導入して、名目3%の経済成長を目指す。また、衆院選後の新政権発足後、速やかに補正予算を編成する方針も示した。再生本部の茂木敏充事務総長は会見で「補正予算は相当規模になる」と述べた。

(ロイターニュース 志田義寧)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below