Reuters logo
衆院選は自公過半数阻止、強力な「第二極」必要=石原維新の会代表
2012年11月26日 / 12:16 / 5年後

衆院選は自公過半数阻止、強力な「第二極」必要=石原維新の会代表

[東京 26日 ロイター] 日本維新の会の石原慎太郎代表は26日、ロイターなどのインタビューに応じ、衆院選で「自民、公明に過半数をとらせたら結局同じことだ」と述べ、強力な「第二極」を作り、「強力なキャスティングボードになりたい」と述べた。

11月26日、日本維新の会の石原慎太郎代表は、ロイターなどのインタビューに応じ、衆院選で「自民、公明に過半数をとらせたら結局同じことだ」と述べ、強力な「第二極」を作り、「強力なキャスティングボードになりたい」と述べた。都内で同日撮影(2012年 ロイター/Issei Kato)

選挙後の政権の枠組みに関しては「肝心なことを決めるのに過半数がいるなら、協力する」とも述べ、連携に含みを残した。首相を目指すことは「考えていない」と語った。

衆院選の位置づけについて自公過半数阻止をあげ、「強力な『第二極』を作らなければならない」とあらためて大同団結の必要性を強調した。「減税日本」(現「減税日本・反TPP・脱原発を実現する会」)の河村たかし名古屋市長の合流が不発に終わったことについては「大阪に拒否反応があった」と説明。「東京と大阪と中京が一緒にやれば迫力があったと思う」と悔やんだ。みんなの党との今後の連携のありかたについては「木を見て森を見ない永田町の悪い習慣が出てきた。残念だ」とした。

エネルギー政策については、脱原発について、10年程度の綿密な計画をたて、エネルギーの資源配分をシミュレーションして結論を出す必要があると指摘。維新の会として原発ゼロを目指す方針は決めていないと語った。

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日中関係の悪化に関連しては「中国の覇権主義が、私は嫌いだ。第二のチベットにはしたくない。このまま尖閣の問題を放置したら、中国が勝手なことをして、おそらく、南シナ海の覇権もとれるだろう」と批判し、「同じ被害にあおうとしているフィリピンやベトナムとスクラム組んで、中国の覇権主義を防ぐためにアライアンス(同盟)を作る。それは当然日本がいイニシアティブをとるべきことではないか」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below