December 6, 2012 / 4:17 AM / 6 years ago

犬の「運転手」、動物愛護キャンペーンで腕前披露

12月5日、ニュージーランドの動物虐待防止協会(SPCA)が企画したキャンペーンの一環で、ドライバー席に座って車を運転する犬の姿が披露された(2012年 ロイター/ReutersTV)

[オークランド 5日 ロイター] ニュージーランドの動物虐待防止協会(SPCA)が企画したキャンペーンの一環で、ドライバー席に座って車を運転する犬の姿が披露された。犬の知能の高さについて知ってもらい、里親を増やすことが目的だという。

「ドライバー」に選ばれたのは、18カ月のジャイアント・シュナウザーの「モンティ」など3匹。9月から運転の訓練を続けており、初めは脚をシフトレバーに載せる練習や、運転席に座ることから始めた。現在では、車にエンジンをかけてアクセルを踏み、運転できるレベルに達したという。

トレーナーの男性は「スピードが出過ぎたり、訓練士がひかれそうになるなどのハプニングがあったが、今は大丈夫」とコメント。モンティたちは来週、テレビの生放送で運転スキルを披露する予定だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below