Reuters logo
東北地方で震度5弱の地震、津波警報は解除
2012年12月7日 / 08:33 / 5年後

東北地方で震度5弱の地震、津波警報は解除

[東京 7日 ロイター] 7日午後5時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の強い地震が発生した。青森県、岩手県、宮城県、茨城県、栃木県の一部で震度5弱の揺れを観測。宮城県石巻市などで最大1メートルの津波を観測したが、気象庁は午後7時20分にすべての津波警報と注意報を解除した。これまでのところ原子力発電所の異常は報告されていない。

12月7日、気象庁によると、午後5時18分ごろ東北や関東地方で強い地震が発生した。岩手県内陸北部などで震度5弱を観測した。震源地は、三陸沖で震源の深さは約10キロ、推定マグニチュードは7.3(2012年 ロイター)

<トヨタなど工場に被害なし>

気象庁によると、地震の震源地は三陸沖で、震源の深さは約10キロメートル。気象庁は宮城県に津波警報を、青森県太平洋沿岸と岩手県、福島県、茨城県宮城県沿岸に津波注意報を発表したが、午後7時20分にすべて解除した。津波は午後6時02分に宮城県石巻市鮎川で1メートル、岩手県大船渡港で午後6時10分に20センチ、午後6時26分に岩手県久慈港で20センチ、午後6時38分に福島県相馬港で40センチ、午後6時41分に宮城県仙台港で40センチを観測した。

東京電力(9501.T)によると、昨年3月の東日本大震災で事故が起きた福島第1原子力発電所で異常は報告されていない。放射能水準のほか、水処理設備、原子炉内の圧力など主要なパラメーターにも異常はないという。福島第2原発も異常は報告されていない。作業員は屋内退避している。東北電力(9506.T)の宮城県女川原発、青森県東通原発、茨城県にある日本原燃の東海第2原発とも異常の報告はないという。

JR東日本(9020.T)によると、地震発生後、東北、上越、長野新幹線は全線で運転を見合わせたが、上越新幹線と長野新幹線は午後5時43分に運転を再開。東北新幹線は北上―新青森間を除き、運転を再開した。

成田空港では地震発生後に滑走路を閉鎖して安全を確認したが、異常はなく、午後5時半以降に再開した。

日銀によると、日銀と取引先金融機関との間の資金決済をオンライン処理する日銀ネット(日本銀行金融ネットワークシステム)に異常はない。

東日本大震災で大きな被害を受けたルネサスエレクトロニクス(6723.T)の那珂工場(茨城県ひたちなか市)は操業に影響はないという。トヨタ自動車(7203.T)も宮城、岩手県の両工場に被害はなかった。JX日鉱日石エネルギーや出光興産(5019.T)の各製油所も正常に稼働している。

<首相は演説取りやめ、金融市場は株売り・円買い>

野田佳彦首相は地震の報告を受け、都内で予定していた街頭演説を急きょとりやめ、官邸に戻った。

金融市場ではリスク回避の動きから、株が売られ、円が買われた。日経平均先物は一時9500円を割り込み、ドル/円も82.17円まで下げた。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below