December 8, 2012 / 1:36 AM / 7 years ago

MLB=藤川がカブスと2年契約、背番号は11

12月7日、プロ野球阪神から海外FA権を行使した藤川球児投手(左)がMLBカブスと正式に2年契約を結び、本拠地シカゴのリグレー・フィールドで記者会見した(2012年 ロイター/Jeff Haynes)

[シカゴ 7日 ロイター] プロ野球阪神から海外フリーエージェント(FA)権を行使した藤川球児投手(32)は7日、米大リーグ(MLB)カブスと正式に2年契約を結び、本拠地リグレー・フィールドで記者会見した。背番号は11。MLB公式ウェブサイトが報じた。

同ウェブサイトが伝えたところでは、契約金を含めて2年総額950万ドル(約7億8000万円)が保証される。

藤川はカブスを選んだ理由について歴史の古いリグレー・フィールドが甲子園球場に似ていたことを挙げ、初めて訪れたときから、頭の中は「カブス、カブス、カブスだった」とコメントした。

また、背番号については阪神時代の22を他の選手がつけており、もっと成長したいということで、若い番号でなおかつ並びの数字が空いていた11を選んだと説明した。

カブスの運営担当責任者を務めるテオ・エプスタイン氏は、昨年に続き「クローザーはカルロス・マーマル投手が務める」と明言し、藤川はセットアッパーとして使われる見込み。ただしマーマルは制球難に苦しむことも多く、今オフにはトレードされかけた経緯もある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below