Reuters logo
野田首相が北朝鮮に抗議、「国際社会と連携し厳しく対応」
2012年12月12日 / 05:17 / 5年前

野田首相が北朝鮮に抗議、「国際社会と連携し厳しく対応」

[東京 12日 ロイター] 野田佳彦首相は12日午後、北朝鮮が「人工衛星」と称するミサイルを発射したことに対して「極めて遺憾であり、到底容認できるものではない」と非難し、北朝鮮に「強く抗議」したことを明らかにした。

12月12日、野田佳彦首相は、北朝鮮が「人工衛星」と称するミサイルを発射したことに対して「極めて遺憾であり、到底容認できるものではない」と非難し、北朝鮮に「強く抗議」したことを明らかにした(2012年 ロイター/Issei Kato)

官邸で記者団の取材に応じた首相は、国連安全保障理事会で議長を務めるモロッコに、早急に協議を開始するよう要請したことも明らかにし、「国際社会と連携しながら厳しく対応したい」との方針を示した。

首相はまた、国内で被害は確認されていないとした上で「平静に冷静に、平常通りの生活を送ってもらえれば」と呼びかけた。沖縄県の仲井真弘多知事には電話で「被害確認等、引き続き万全を期していく」と伝えたという。

政府は12日午前9時49分ごろ、北朝鮮が「人工衛星」と称するミサイルを北朝鮮西岸から1発、南方向に発射したと発表した。

(ロイターニュース 基太村真司)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below