for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国の非白人比率、2060年までに6割に拡大=国勢調査局

12月12日、米国勢調査局は、2060年までに総人口に占める非白人の比率が57%に拡大するとの予測を発表。写真はニューヨークで9月撮影(2012年 ロイター)

[ワシントン 12日 ロイター] 米国勢調査局は12日、2060年までに総人口に占める非白人の比率が57%に拡大するとの予測を発表した。ヒスパニック(中南米系)とアジア系が大きく増える一方、白人の人口が過半数割れするなど、50年後の米国社会は今と大きく姿を変えることになる。

同局の推計では、非白人の人口は、2012年の1億1620万人から、2060年には2倍以上となる2億4130万人に増加する。ヒスパニックの比率は、現在の17%から31%に増え、アジア系人口も向こう50年で倍以上増えるとしている。

民族多様化が進む米国社会について、専門家らはこれまで、2050年までにマイノリティー(少数派)が過半数を占めるようになると予想してきた。国勢調査局の今回の予測では、2043年にはそれが現実となり、白人の人口が過半数を割るとされている。

こうした社会の変化には数十年かかるが、すでに政策や経済、消費者支出などに変化は表れ始めている。11月の大統領選をきっかけに議論が盛んになった移民政策や同性婚問題などは、変化の兆しが特に明らかな分野だ。

共和党のロムニー候補と戦ったオバマ大統領は、ヒスパニックや黒人、若年層からの圧倒的支持を受けて再選を果たした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up