December 18, 2012 / 7:07 AM / 6 years ago

NASAの月探査機「グレイル」、使命終え月面で衝突破壊

12月17日、米航空宇宙局(NASA)は、約1年間のミッションを終えた2機の月探査機「グレイル」を月面に衝突させて破壊した。提供写真(2012年 ロイター/NASA/JPL-Caltech/MIT)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 17日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は17日、約1年間のミッションを終えた2機の月探査機「グレイル」を月面に衝突させて破壊した。

グレイルは、燃料がなくなり月面に接近してきたため、NASAが月の北極付近への衝突命令を送信。NASAによると、米国東部時間の同日午後5時半ごろ、立て続けに2機との交信が途絶えた。このミッションに携わってきたNASAの関係者は、科学の分野で素晴らしい貢献ができたと祝福の声を上げた。

それぞれ小型の洗濯機と同じ程度の大きさのグレイルは、約1年にわたって、月の重力分布図を作成するため調査を行ってきた。その結果、月の地殻が予想以上に薄く、隕石などの衝突で激しい損傷を受けていたことなどが分かった。

グレイルによる発見は、月がどのように形成されたのかを知る手掛かりになるだけではなく、かつて地球を含む太陽系の惑星に、隕石などが衝突した際に何が起こったのかを探る糸口にもなり得ると期待されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below