January 6, 2013 / 5:27 AM / 6 years ago

自転車=アームストロング、薬物使用を認める可能性も

1月5日、薬物使用疑惑で自転車ロードレース、ツール・ド・フランス7連覇のタイトルはく奪と永久追放処分を受けたランス・アームストロングが、禁止薬物を使用したことを認める可能性があると、米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。パリで2010年7月撮影(2013年 ロイター/Eric Gaillard)

[5日 ロイター] 薬物使用疑惑で自転車ロードレース、ツール・ド・フランス7連覇のタイトルはく奪と永久追放処分を受けたランス・アームストロング(41、米国)が、運動能力を向上させる効果のある禁止薬物を使用したことを認める可能性があると、5日付の米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

同紙によると、世界反ドーピング規定のもとで開催される競技イベントへの復帰を希望するアームストロングが、薬物使用を認める供述をするかもしれないと、反ドーピング機関の関係者らに打ち明けたという。

さらに同紙は、事情を知る関係者からの情報として、アームストロングは米国反ドーピング機関(USADA)と話し合いを行っており、同機関のトラビス・タイガート会長と面会したとも伝えた。

アームストロングが薬物使用を認めるかどうかとの質問に対し、アームストロングの弁護士は「そのことについてはランス本人が語るべき」と述べ、明言を避けた。アームストロングはこれまで、薬物使用を認めたことはない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below