January 20, 2013 / 3:11 AM / 7 years ago

2%の物価目標達成、日銀が主体的に責任を負う=甘利経済再生相

[東京 20日 ロイター] 甘利明経済再生担当相は20日、政府・日銀が策定を進めている共同声明で明記する方向の2%の物価目標の達成責任は日銀にあるとの認識を示した。日銀総裁人事では、安倍晋三首相の頭には複数名の候補者があるとし、野党の協力が得られることなども含めて絞り込みを行っていくことになると述べた。

1月20日、甘利明経済再生担当相は、政府・日銀が策定を進めている共同声明に明記する方向の2%の物価目標の達成について「日銀が主体的にその責任を負う」と述べた。写真は昨年12月、都内で撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

一方、みんなの党の渡辺喜美代表が総裁候補の一人として安倍首相に提案したと一部で報じられた浜田宏一内閣官房参与・エール大学名誉教授は同日、健康上の理由をあげて「就任するつもりは全くない」と否定した。都内で記者団に語った。

<共同声明 達成時期の表記めぐり調整続く>

共同声明の作業は大詰めを迎えている。デフレ脱却に向けて2%の物価上昇率を中期の目標と位置付けることで大筋合意したとみられるが、達成時期の表記をめぐって調整がすすめられているもよう。甘利経済再生相は達成時期について「何年という数字は入らない。長期というニュアンスにならない表現だ」としながらも「細目で詰めの作業を行っている」と述べた。

2%の物価目標達成は日銀にとっては高いハードル。従来、事実上の物価目標を1%としてきた背景も実現性を考えてのことだ。このため、共同声明でも「日銀は、これまで説明してきたこととの整合性に最もこだわっている」(政府筋)という。日銀の信認が問われることにもなるため、調整がなお続いている模様。甘利経済再生相は「日銀は、総裁ひとりが了解しても、政策決定会合での合意を得る必要があるため、できれば全員が理解することが望ましい。そのことも含め日銀としては日銀の努力をしている」と語った。

<総理とのすり合わせはほぼ完了、あとは日銀とのすり合わせ>

一方、2%の物価目標達成の責任については「日銀が主体的に責任を負う」と指摘。「成長と財政再建、国債の信認を失わないことを両立させていくことが政府の責任だ」と語った。「日銀は日銀としてやるべきことをやる。それは物価目標2%。政府としてやるべきは、成長と財政再建にきちんと責任をもつことだ」と繰り返した。

そのうえで、甘利経済再生相は「(政府・日銀が)お互いやるべきことの認識の共有はかなりできている」とし、「総理との考え合わせはほぼできている。あとは日銀とのすり合わせだ」と合意が近いことを示唆した。

<日銀の独立性侵害せず、国債の買い入れ指示を否定>

また、20日午前のNHK番組で日銀に国債買い入れを政府が命じることもあるかとの質問に甘利経済再生相は「日銀の独立性を侵害することは考えていない」としたうえで、「やるべきことをやっていただく。目標を(政府と)共有して連携を強化する。向かっていく方向が同じで、解決に向けてそれぞれやっていくと、連携を強化することが大事だ。中央銀行が傍観者であることは許されない」と語った。

<日銀総裁人事、首相の頭に複数名候補>

4月で任期を迎える白川方明日銀総裁の後継人事で望まれる資質について「今の日本の局面を打開するための政策目標を共有することと、能力、国際的な発信力」を挙げた。そのうえで、「総理の頭の中には複数の方の名前があると思う」とし、「国会の承認人事なので実現することが大事だ。その視点も含め、絞り込みをかけていくことになる」と述べた。

(ロイターニュース 吉川 裕子:編集 石田仁志)

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below