January 24, 2013 / 3:17 AM / 6 years ago

自転車=アームストロングの告白、「誠意なし」が9割との調査結果

1月23日、ドーピング違反で国際自転車連合から永久追放処分を受けたランス・アームストロングが、17日と18日に放映されたテレビ番組で薬物使用を告白したことについて、謝罪から誠意が感じられたとした視聴者はわずか12%にとどまった。提供写真(2013年 ロイター/Harpo Studios, Inc/George Burns)

[23日 ロイター] ドーピング違反で国際自転車連合(UCI)から永久追放処分を受けたランス・アームストロング(41)が、17日と18日に放映されたテレビ番組で薬物使用を告白したことについて、謝罪から誠意が感じられたとした視聴者はわずか12%にとどまった。

番組は2日間で2時間半にわたって放映。ロイターが18日から22日にかけて、米国人1240人を対象に実施した調査では、半数近い回答者が「これ以上、薬物使用を否定することができなくなったから告白したにすぎない」と答え、3分の1は「イメージ回復を狙ったもの」と回答した。

また、アームストロングが処分の軽減を願っていることについては、57パーセントの人が「永久追放にすべき」と回答した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below