Reuters logo
今日の株式見通し=反落、米株安で主力株中心に利益確定売り
2013年2月20日 / 23:02 / 5年前

今日の株式見通し=反落、米株安で主力株中心に利益確定売り

[東京 21日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は反落が見込まれている。緩和縮小観測から米国株が下落した流れを引き継ぎ、序盤は主力株を中心に利益確定売りが先行しやすい。商いが減少傾向にあることも気がかりという。ただ日米首脳会談や日銀総裁人事案などを控え、基本的には様子見となっており、積極的にはポジションを取りにくいと指摘されている。

日経平均の予想レンジは1万1350円―1万1500円。

20日の米国株式市場は反落。ダウ工業株30種.DJIは前日比100ドル強値下がりした。午後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、労働市場が改善する前に資産買い入れの縮小もしくは停止が必要となる可能性があると指摘されたことが重しになったという。シカゴの日経平均先物(円建て)も1万1415円と大証終値比で25円安く、序盤は売りが先行する見通し。日経平均が前日に節目1万1500円を一時回復したことから達成感も出やすく、主力株への利益確定売りがいったん強まりやすいとみられている。

ただ基本的には様子見姿勢が続く見通し。市場では「為替の動きに連動して先物市場での売買が強まる可能性があるが、日米首脳会談や日銀総裁の人事案、イタリア選挙などを控え、積極的にはポジションを取りづらい」(準大手証券)との声が出ている。市場エネルギーが縮小するなかで、国内機関投資家による売りが重しとなるが、出遅れ銘柄などへの押し目買い意欲も強く、下値は限定的とみられている。

きょうの主なスケジュールは、海外で2月ユーロ圏製造業PMI速報値、1月米消費者物価指数、2月米製造業PMI速報値、1月米中古住宅販売、1月米景気先行指数などが発表される。

(ロイターニュース 杉山容俊)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below