February 27, 2013 / 1:36 AM / 6 years ago

「タイタニック2号」が2016年就航へ、建造は中国企業

2月26日、オーストラリアの資産家クライブ・パーマー氏が、約100年前に沈没した豪華客船タイタニック号の現代版レプリカ「タイタニック2号」の概要を明らかにした。イメージ図。Blue Star Line提供(2013年 ロイター)

[ニューヨーク 26日 ロイター] オーストラリアの資産家クライブ・パーマー氏が26日、約100年前に沈没した豪華客船タイタニック号の現代版レプリカ「タイタニック2号」の概要を明らかにした。

現在の安全基準と最新の造船技術でよみがえる「タイタニック2号」は、エアコンなどの装備が追加されているものの、デザインや装飾は初代タイタニックをほぼ完全コピーしているという。

初代と大きく違うのは、救命ボートには乗船者全員が乗れるだけのスペースが十二分に確保され、非常階段も増設されること。設計を行ったフィンランドの船舶会社デルタマリンの幹部は「世界一安全なクルーズ船になる」と自信を示した。

初代タイタニックは当時「事実上の不沈船」と言われていたが、1912年4月15日に処女航海の途中で氷山に衝突し沈没し、1500人以上の犠牲者を出した。

ニューヨークで行った記者会見でパーマー氏は、「タイタニック2号」は中国の国営造船会社、長江航運集団金陵造船所が建造することを明らかにし、契約は「恐らく来週あたり」に交わすとした。同造船所はパーマー氏が手掛ける鉱山事業向けに、鉄鉱石運搬船4隻を建造している。

実際の建造は年内に開始される予定で、初代と同じ航路をたどる処女航海は2016年になるという。乗船費用は今年中に発表される見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below