March 7, 2013 / 10:47 AM / 5 years ago

焦点:北朝鮮の核の野望、新たな制裁も「焼け石に水」か

[ソウル 7日 ロイター] 北朝鮮が強行した3度目の核実験に対し、国連安全保障理事会は7日、制裁を強化する決議案を全会一致で採択する見通し。ただ、過去7年間の安保理制裁や、米国による半世紀以上に及ぶ厳しい姿勢も効果を挙げなかったことを考えれば、新たな制裁が北朝鮮に核開発を思いとどまらせる可能性は低いとみられる。

3月7日、国連安保理は、北朝鮮への制裁を強化する決議案を全会一致で採択する見通し。ただ、新たな制裁が北朝鮮に核開発を思いとどまらせる可能性は低いとみられる。写真は北朝鮮の国旗。北京で2010年5月撮影(2013年 ロイター/Grace Liang)

韓国の専門家は、金正恩第1書記が率いる新体制に移行した北朝鮮は、以前にも増して積極的に核開発を推し進めていると指摘する。また、最高権力の座に就いて約1年がたった金第1書記は、父親である故金正日総書記に比べ、中国から距離を置きたがっているようにも見えるとの声もある。

北朝鮮が2月12日に実施した核実験は、2006年から数えて3回目。昨年12月には長距離ロケットを発射しており、核弾頭搭載ミサイルの開発を前進させていることをうかがわせた。

北朝鮮は金正日政権時代から、核開発を国際社会からの支援を引き出す交渉材料として使ってきた。息子の正恩氏も父の死後から数カ月後に長距離ミサイルを発射している。

米国が主導した今回の安保理制裁決議は、中国も支持に回った。韓国国防大学のKim Yeon-su氏は、最近の中朝関係には弱さが見えると指摘する。昨年12月のロケット発射以降は中国政府高官の北朝鮮訪問は途絶えており、金正日政権時代とは様相が大きく異なっている。

中国政府は北朝鮮に繰り返し自制を求めているが、両国首脳レベルと接触のある関係筋によると、北朝鮮は年内に最大2回の追加核実験を行う用意があると中国に通達した。

前出のKim氏は「中国に関して言えば、金正恩氏は父親と比べて独自路線を行こうとしているように見える」と語った。

安保理の新たな制裁は、武器取引や政府のミサイル開発プログラムに関わる団体の関係者3人を新たに対象に指定し、武器計画に使われる可能性のある金融取引も対象にする見通し。ただ専門家は、北朝鮮への資金流入は多くの場合、通貨偽造や麻薬取引のほか、外交官を含む個人による大量の現金持ち込みによってもたらされるため、制裁で阻止できるかは疑わしいと指摘する。

韓国軍の元将官Moon Seong-mook氏は「今回の制裁が過去と同程度のものなら、影響は極めて限られる。制裁の効果がゼロとは言わないが、制裁は金正恩氏に、こうした行動はもはや無理だと気付かせるものでなくてはならない」と語った。

<経済制裁の効果>

同じく制裁を受けるイランが年間数十億ドル相当の原油を輸出しているのとは対照的に、北朝鮮には中国向けの鉱物資源などを除けば、これと言って輸出できるものがない。

米国が制裁を強化する前年の2011年、イランの輸出額は1315億ドルに上った。そのうちの7割近くが原油やガスと推計される。

一方、韓国貿易協会が7日公表した統計によると、2012年の北朝鮮から韓国への輸出額はわずか10億7000万ドル、中国向け輸出も24億8000万ドルに過ぎない。

また、韓国開発研究院(KDI)は2月に発表した報告書で「新たな制裁が発表されたとしても、(国連)加盟国の制裁実行能力や制裁に対する立場の相違は依然残る」と指摘している。

これまで同様、制裁が効果を挙げるかどうかの鍵を握っているのは中国だ。中国は、国境を接する北朝鮮が不安定化するリスクを承知した上で、金融取引を停止するかどうか決断しなくてはならない。北朝鮮事情に詳しい専門家によると、中国は、北朝鮮の金融資産の一時的な退避場所にもなっているという。

SK研究所のシニアアナリスト、Lee Young-hoon氏は「すべては中国にかかっている。これまで同様に言葉だけなら、制裁はほとんど役に立たないだろう」と述べた。

(原文執筆:Christine Kim、翻訳:宮井伸明、編集:伊藤典子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below