Reuters logo
中国が兵器輸出で世界5位に、冷戦後で初めて=研究所
2013年3月18日 / 04:12 / 5年後

中国が兵器輸出で世界5位に、冷戦後で初めて=研究所

[北京 18日 ロイター] スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は18日、中国が兵器輸出で英国を抜き、世界5位になったと発表した。中国が冷戦後、上位5位に入ったのは初めて。

3月18日、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所は、中国が兵器輸出で英国を抜き、世界5位になったと発表した。写真は中国の国旗。武漢で昨年7月撮影(2013年 ロイター)

SIPRIによると、2008─12年の中国の兵器輸出は、07年までの5年間と比べて約2.6倍に増加した。輸出の世界1位は全体の30%を占める米国で、ロシアが26%で2位。3位と4位はそれぞれドイツとフランスで、中国はそれに次いで5%で5位となった。

中国の輸出先としてはパキスタンが55%を占めており、SIPRIは「戦闘機や潜水艦などを大量に発注しているため、パキスタンは今後もしばらく中国の主要な輸出先になるだろう」と分析している。輸出先の2位はミャンマーで8%、バングラデシュが7%で続いた。

中国では空母や無人機などの開発に充てる予算が増えており、昨年11月に同国南部の珠海で開かれた航空ショーでは、中国製の攻撃用ヘリコプターやミサイルが公開された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below