Reuters logo
サイバー攻撃は中国のIPアドレス、北朝鮮の犯行示唆=韓国政府筋
2013年3月21日 / 01:56 / 5年後

サイバー攻撃は中国のIPアドレス、北朝鮮の犯行示唆=韓国政府筋

[ソウル 21日 ロイター] 韓国放送通信委員会は21日、同国の放送局や銀行のサーバーがサイバー攻撃を受けた事件で、発信元のIPアドレスが中国のものだったと発表した。

3月21日、韓国放送通信委員会は、同国の放送局や銀行のサーバーがサイバー攻撃を受けた事件で、発信元のIPアドレスが中国のものだったと発表した。写真は被害を受けたYTN本社。20日撮影(2013年 ロイター/Lee Jae-Won)

同委員会の報道官は、「被害を受けた組織(のサーバー)にアクセスした中国のIPアドレスを特定した」と説明。以前、韓国紙がサイバー攻撃を受け、韓国政府が北朝鮮による犯行だとした事件でも、中国のIPアドレスが使われていたという。

同委員会のパク・ジェムン氏は、「発信元が中国のIPアドレスだったことで多くの推論ができる。すべての可能性を排除せず、ハッカーの特定を急いでいる」と語った。

一方、韓国大統領府高官は聯合ニュースに対し、IPアドレスが特定されたことについて、北朝鮮による犯行を示唆していると述べた。

警察や政府当局者によると、サイバー攻撃は20日に発生し、YTN、MBC、KBSの3放送局と新韓銀行と農業銀行が被害を受けた。少なくとも一部のコンピューターでファイルが削除され、韓国軍が警戒レベルを引き上げるなどの措置を取っている。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below