March 27, 2013 / 1:31 AM / 7 years ago

株高に浮かれる状況ではない、金利上昇の危険性も考慮=財務相

3月27日、麻生太郎財務相は臨時閣議後会見で、最近の株高を「浮かれているような状況ではない」とする一方、歴史的な低水準で推移している国債金利の上昇について「危険性は考えておかないといけない」と述べた。2月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター]  麻生太郎財務相は27日午前の臨時閣議後会見で、最近の株高を「浮かれているような状況ではない」とする一方、歴史的な低水準で推移している国債金利の上昇について「危険性は考えておかないといけない」と述べた。

財務相は日本株上昇の背景として、短期保有狙いの海外勢が買い手の中心となっている可能性を指摘。「(売買の)内容は全部知らないが、短期(保有)で回しているということは、利食いですぐ売られる可能性ある」としたうえで「日本経済が間違いなく良くなると(の見通しが)出れば、中長期(保有)に変わっていく可能性はある。それがきっちりしない限り、なかなか浮かれているような状況ではない」と話した。

最近の低金利に関しては、金利上昇リスクを指摘し続けたこれまでの報道に対して「金利は上がると皆、書いていたが全部外れた。これだけ外せば言うことはない」としながらも「トレンドは一瞬で変わる。財政再建をきちんと考えている、中期的にこういったことを考えているとか、いろいろなことがないと、国債に対する信用がなくなり、また別の形で売られる可能性が十分にある。危険性は考えておかないといけない」とした。

<1票の格差、1日も早い対応が大事>

昨年12月の衆院選をめぐり「1票の格差」に違憲判決が相次いでいることには「重く受け止めないといけない。自分の土俵を決める話なので、なかなかまとまらないのは毎度のことだが、1日も早く対応するのは大事なこと」と指摘した。

<本予算早期成立へ努力>

政府はこの日の臨時閣議で、総額13兆1808億円の2013年度暫定予算案を決定した。暫定予算の編成は12年度に続き2年連続。歳入は2兆4192億円で、建設国債1兆5500億円を発行する。財務相は「暫定予算を編成するとはいえ、本予算の1日も早い成立に向けて、引き続き努力したい」と述べた。

(ロイターニュース 基太村真司)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below